気を付けることは?

ウェディングプランの関係でなどで式の当日は和装をすることができない新郎新婦もいると思います。 そんな人は前撮りで和装の写真をを残しておくことをお勧め済ます。 今回は和装での前撮りの際に気をつけることポイントを3点紹介します。 まず1点目は、明確なイメージを持つことです。 事前に雑誌やインターネットなどで自分のイメージに近い写真を見つけて、カメラマンやヘアメイクに見せるといいと思います。 2点目は、実際に撮る時の姿勢です。 正しい姿勢は写真に美しく写る大切なポイントです。 和装は着慣れないため、普段より姿勢に気をつけるようにしてください。 3点目は、視線についてです。 カメラばかりを見るのではなく、いろいろな場所に視線を向けるようにしてください。 事前に鏡の前で練習しておくといいと思います。

現代ではなかなか着る機会のない和装での前撮りは、多くの新郎新婦の素敵な思い出になります。 また、それだけではなく和装での前撮りにはたくさんのメリットがあります。 まず一つ目は、プレゼントとしての活用です。 写真を綺麗なアルバムにして両家の両親にプレゼントするととても喜ばれます。 今までの感謝の気持ちを手紙にして添えるのもお勧めです。 二つ目は、ウェルカムボードとしての活用です。 当日はドレスを着る新郎新婦が多いので、ゲストの方は着物を着た二人の姿を見ることができません。 ゲストの方にとっては嬉しい心遣いだと思います。 特に年配のゲストの方には好評です。 この他にもたくさんのメリットがあります。 ぜひ和装での前撮りを検討してみてください。